« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

天ちゃん・がび~~~ん!

Dscf5984t3 もうすぐ、抜糸の天ちゃんなのですが、先日の検診で抜糸の説明を受け、がび~~~~ん!!となってしまいました。

目の周りの、たるんだ皮膚や筋肉を切り取って、細い糸で細かく縫った手術だったのですが、目の周りは、麻酔からさめた直後から、まばたきで動かす所なので、普通の手術より1週間も余計に期間をおいてからの抜糸になります。

その抜糸も、細~~い糸をたくさん使ってあるので、どうやら麻酔をかけてやるそうなのです・・・

麻酔は、全身麻酔になるのか、ガスで眠らせるのかは、その時の状況でまだ未定。多分、ガスで眠る麻酔で済むだろうと思うのですが・・・

体の弱い天心に、麻酔はやっぱり心配です。

普通、人間の抜糸の時なんて、チクッとする程度で、それ程痛くもなく、当然麻酔なんてしません。

天心の場合、目の周りの柔らかい皮膚を、結構ばっさり切って縫い縮めてあるので、抜糸でさえも、かなり痛いんでしょうねーー;

自分の身に置き換えてみると、ぞっとするような痛さを想像出来ます。

動物は、痛いと嫌がって、逃げるので、ハサミなどを持ってチョキチョキやってる時に、大暴れしたら、肝心の目に刺さる危険性も出てきて危ないですもんね。

仕方がない事なのですが、あとちょっと、天ちゃん頑張ってくれよ!と思うこの頃なのです。

Dscf5976t1

手術の傷跡の縫い方は、良く見ても分からないほどの精密さで、さすが専門の先生だな~と感心してしまうのですが、その反面。この天心の富士額部分のぶっさいくな毛の剃り方は、いかがなもんなのでしょう・・・・--#

左右ガタガタになってるのが、気になって仕方がないんですけど・・・・

補助の見習い先生の仕業?それとも看護婦さん?・・・今さら、誰が剃ったか突き止めたところで、早く毛が生えてくるわけでもないのですけどね。ふぅ~~~。

こりは、大問題でしゅよ。

Dscf5982t2_2

天心は、アトピー持ちでお肌がとても弱いので、エリザベスカラーの当たる所が、接触アレルギーを起こしてしまうんです。

バンダナ風の小さなタオルは、毎日日替わり。可愛い女の子の天心。お洒落心は忘れましぇん♪

Dscf6072t1

天ちゃん、麻酔頑張ってくだしゃい。

Dscf6070t2

| コメント (8)

良狗っぽの秘密

普通、わんこのお乳の数は、8個~10個。

副乳で、小さなお乳がある子は10個。それが無い子は8個です。

我が家の良狗っぽは、なぜだか、なぜだか9個・・・・???

赤ちゃんの時に、自分で齧って千切っちゃったのか?ママさん犬が、やっぱり良狗っぽのような慌てんぼうで、うっかり計算違いのまま、この世に出しちゃったのか?

何故だかは分かりませんが、良狗っぽのお乳は9個。

Dscf5870r1

人差し指部分にあるはずのお乳が、1個足りないのです。変だよね^^;

も~~っ!ママの馬鹿~~っ!

Dscf5868r3

良狗ちゃんとママの秘密だったのにぃ~~っ!!

Dscf5866r4

こりを読んだ皆しゃん。他の人にゆっちゃダメよ^^; 

Dscf5871r2   by良狗っぽ

良狗ちゃんの最近のあだな。あんず君のママさんが、巻き尾の事を巻きっぽと言ってるのを真似して、良狗っぽになっちゃいました。

良狗ちゃんの尻尾も、豚の尻尾並みに、くるんくるん巻いてますよ^e^

| コメント (11)

天ちゃん・元気に療養中♪

Dscf5960t1 お陰様で、天心も順調に回復して来ています。

食欲は、術後直後から旺盛で、消化の良いものを。と思っていた蝶々の心配は、取り越し苦労のようなものでした。

どうにも、物足りなくおなかが空いて仕方の無い様子だったので、ちょっとサービスして、みんなの大好きな、おからハンバーグや、牛肉チャーハンを作ってあげました。

Dscf5782t3

Dscf5789t2_2

天心も大喜び^e^vでした。

体調そのものには、何も問題はないのですが、そろそろ傷口にかさぶたが出来て、痛みがなくなり、痒みが出てきたようです。

ちょっと目を離すと、エリザベスカラーをぐにゃっと捻じ曲げて、器用に、お目々の所を掻こうとするので、気をつけていなければいけません。

自分の手は届かないので、こんなテを使ったりもします^^;

Dscf5962t4

ママ~!天ちゃんがクマちゃんの手で、お目々掻いてます~っ!

良狗ちゃんが、せっせと世話を焼きますが、この良狗ちゃんも、目を離すと、天心の傷口を舐めようとするので、この1週間は、蝶々はず~~っと、家に篭もりきりで、チビ達とゴロゴロしてました。

最近、忙しかったので、ちょうどいいスキンシップになったかな?

小茶丸も、一安心で、気持ち良さそうにお昼寝中。

Dscf5939t5

目の周りの傷は、どうしても瞬きをするので、他の部分の傷より、くっつきが悪いので、抜糸までには、後1週間辛抱しなくちゃなりません。

みんなで、のんびり、焦らずゆっくり療養していこうと思っています。

皆様、暖かいコメント、本当にありがとうございましたm--m

| コメント (10)

天ちゃん・術後2日目

天心の手術の事で、暖かい励ましのコメントを、本当にありがとうございます。

命に別状のある症状じゃないものの、さすがに昨夜は痛がって、クンクンクンクン夜鳴きをし、なかなか寝付かれなかった蝶々一家です^^;

でも、今朝から、少しずつ食事を開始。朝ご飯は、人肌に温めたミルクに、鶏ひき肉を少~しだけ。天心は足りないくらいで、いつまでもお皿を舐めていました。

お昼ご飯は、つみれのおかゆ。

Dscf5881a_2

アジを8匹もさばいて、つみれをたっぷり作りました。

Dscf5874aa_2

しばらくは消化の良いものを食べさせなきゃいけないので、作りおきです。丸めて、茹でて、冷凍保存しておきました。

天心は食欲旺盛。でも、ちょっと食べにくいなぁ・・・

Dscf5884a2

あり!一生懸命食べる余り、お皿をひっくり返しちゃいました。

Dscf5885a3

でも、大丈夫だよ。たくさん作ったから、こぼした分はちょっとオカワリ。

Dscf5886a4_2

今日は、夕方、エリザベスカラーのサイズが小さいようだったので、交換に行きました。

これは、買い取りのもので、透明なのです。(昨日は、病院のを借りてきちゃいました)

透明の方が、皆の顔が見えて、天心はちょっとだけ安心出来るのです。

こんな風に、クマちゃんに膝枕してもらうと、首もラクで、よく眠れます。

Dscf5927t1

こうして写真に取ってみると、術後直後より、1日でだいぶ腫れも引きました。

Dscf5926t2

今夜はよく寝れるかな?

早く可愛くなったぱっちりお目々で、皆さんにご報告出来るように、頑張りますね♪

| コメント (9)

天ちゃん、良く頑張ったね

Dscf5877t3_3

以前から、大阪の専門の先生に執刀してもらう事になっていた、天心の目の手術が無事終わりました。

Dscf5875t1

心配していた麻酔からの覚醒も、もう心配はいらない状態になりました。

ただ、麻酔から醒めて、ず~っと寝続けていたようで、大丈夫なのかな?と、心配でした。

麻酔が切れて来た時は、痛かったのか、病院中に響き渡るような悲痛な叫び声を上げていたので、本当に胸を引き裂かれるような思いがしました。

痛々しい顔でびっくりして、悲しくなってしまいましたが、目の周りの腫れも徐々に引いていき、剃った顔の毛もいずれ生え揃い、その頃には、ぱっちりした傷のない綺麗なお目々になっている事と思います。

今日は、日帰り手術でしたので、夕方家に帰って来る事が出来ました。

Dscf5876t2

初め、ちょっとびっくりした小茶丸ですが、すぐに事情を察し、少し離れた所から、静かにじっと天心を見守っています。

「こんなの天ちゃんじゃないもん!」と天心のあまりの変わりようを受け入れたくない良狗ちゃんは、最初はガウガウ怒っていましたが、今は、天心のベッドの傍で寝ています。

多頭飼いの場合、手術後の傷にばい菌が入らないように、他の子が傷口をペロペロするのを注意しなくてはなりません。

特に、おせっかいな良狗ちゃんは、天心を心配し、すぐにクンクンしようとするので要注意です。

可愛い女の子の天心が、酷く腫れた痛々しい、可哀想な顔になってしまって、飼い主の蝶々もショックなのですが、これは、天心が必死に頑張った証。誇るべき顔なんです。

赤い血の跡や茶色の消毒の跡。良く見ると、細~い糸が何本もまぶたに刺さっています。

さぞかし、痛かったろうね。小さな体で、てんかんの発作も起こさず、よく麻酔も手術も乗り越えてくれたね。

天心。生きて帰って来てくれて、本当にありがとう。皆で、首を長~くして待ってたんだよ。

生まれてきてから今まで、本当に痛い思いや辛い思いばっかりしてきたね。でも、この手術を頑張って、お目々だけでもラクになるから、後少し、頑張ろうね。

蝶々も小茶丸も良狗ちゃんも、みんなで一生懸命応援するから、天心も頑張ってね。

| コメント (10)

新緑色のランチタイム

旅行に行く前に、冷蔵庫で痛みそうになってた野菜を全部茹でて、ピューレ状にして、冷凍しておきました。

最近、自分のお料理をぜ~んぜんしていなかった蝶々。

ほうれん草・かぶ・大根・菜の花・・・などなどを全部ミキサーでブ~ン。

先日、母に貰ったものとそれで、ありあわせの一品。

Dscf5781k1

Dscf5784k3

凍った野菜のピューレを豆乳と一緒にお鍋で温め、ワンコ用に少し取り分けておきます。

Dscf5786k5

人間用には、かにを少々。その後、冷ご飯も少々。コンソメで味付けして、リゾットにします。

ワンコ用には、冷ご飯の代わりにおからを少々。トッピングは、鶏胸肉のグリルや野菜で彩り良く。

Dscf5601h1

人間用には、これまた貰った筍や新わかめ・エビなどを焼いてトッピング。

Dscf5790ko1a

適当に煮て作ったピューレなのですが、野菜の甘味がたっぷりで、おなかに優しい味です。

野菜嫌いの小茶丸なのに、何に騙されたのか、こんな事になってました^^;

Dscf5602h2

良く見ると、お口の下に、緑のものが付いてるのに、すま~した顔してるんで、思わず笑えちゃったよ。

外食が続くと、ついつい食材を無駄にしてしまう失敗もしちゃうもんですが、こういうテもあったか~♪とちょっと発見気分です。

以前、記事を書いて公開していなかった、エコクッキングのお話。旧・ブログのつれづれ蝶々にて公開しています。http://blogs.dion.ne.jp/kocyari528010429/

お客さんの食べ残しを使いまわしちゃいけませんが、食材を無駄にしてもいけませんもんね。

あの時は、「アース」を見た直後で地球に優しくなんて思っていたのに、最近はすっかり忘れていました。

| コメント (6)

鶏なんそば

アレルギーっ子・天心。

食物に関するアレルギーは、どうやら出ていないので、一安心です。

わんこは食べる事が大好き。いろんな物を美味しく食べれるのは、健康のバロメーターです。

蝶々は、出来るだけいろんなものを食べさせてみて、慣れない物を食べたら、アレルギーが出た~、なんて事が起きないような、丈夫な身体を作ってやりたいと思っています。

最近流行の「生食」にも興味はあるのですが、さすがに、生の肉を食べさせる事は、『虫』が心配なので、まだ挑戦していません。

柴犬は品種改良を重ねた洋犬と違って、もともと日本にいた「地場」の犬を、混血しないよう保護した犬種です。

そのせいか、チワワやダックスと違って、カンタンに野生に帰ってしまうような気もします。

以前、豚足を食べさせた時、皆、カッカッカッカして仲間内でも喧嘩が増え、お散歩中の喧嘩も(いつもの事なんですが)、いつもより激しいものになってしまいました。

犬の身体は、人間より純粋で正直。食べ物によって、攻撃的になったりもするので、生食はますます躊躇してしまっているんですが・・・どうなんでしょうか?

生食に詳しい方いらっしゃったら、教えてくださいーー

さて、話を元に戻しますが、アレルギーが出ないように何でも食べさせてみる(もちろんワンコが食べちゃいけないものは除きますが)という、のが、蝶々のワンコの食事方針です。

今日は、ぐっとアダルトに、「鶏なんそば」に挑戦です。

おそばは、少々伸び加減に茹で、消化良くします。

鶏もも肉、野菜は先日の鶏がらスープで煮て、粗熱を取って置きます。

おそばの上に、鶏もも肉、煮汁をかけて、はい!完成!

Dscf5229t

気になる評判は・・・みんな大喜びで食べていましたよ^e^v

わんこ用には、もちろん味付け無しなので、色が無く、イマイチ、「鶏なん」の気分は出ませんでしたけどね^^;

| コメント (12)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »